和ごころ

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

いざ、黒留袖っ


c0029148_20175430.jpg弟の結婚式となれば、姉としては黒留袖ですよね。ギリギリまで紋付の色留袖にしようか悩みましたが・・やっぱり黒留袖にしてよかった。みなさんとの調和がとれました。(かなり年配になった気分ですが・・)

自分で着るつもりだった黒留袖ですが、もろもろありまして、プロの着付け師さんにお願いすることにしました。メイクとヘアも一緒に。

結論。

c0029148_20181127.jpgお願いしてよかった!! 勉強になったことがたくさんありました。まず、襦袢の上につける胸紐。衿元がずれないように、私はいつも胸のすぐ下で結んでいましたが、今回の位置はかなり下目。紐の掛け方も違ってました。でもぜんぜん崩れませんでしたし、もちろん苦しくありませんでした。

そして、長着の胸紐の掛け方にも工夫が。その工夫で脇横のだぼだぼがすっきり解消されました。「あ~なるほど!」と、着付けてもらいながら何度うなったことか。聞いてみると、着付け師歴30年のベテランさんでした!

帯結びにも工夫がっ。補整がちゃんとできていないと帯下線にシワが入りますよね。^^; でも~。最後に“たちあげ”を整えるときにちょっと工夫すると、そのシワも解消っ。この方法、普段着でも試せます。

c0029148_20244822.jpgフフ。ごめんなさい。方法は今はまだちょっと内緒・・・(感じ、悪い!?)

着付け教室のみなさんには次のレッスンのときにお話しさせていただきますね~。感想を聞かせてください。

ちなみに、私が着た黒留袖は、本仕立て。比翼仕立ではなかったので、重ね着。。。ほどよい天候で本当によかった! 写真では分かりづらいですが、衿元は白の刺繍半衿で、ちょっとだけおしゃれさせていただきました。許容範囲ですよね。(^.^)

プロの方に着付けていただくのは勉強になることがたくさんありますね。
着付けについてあらためていろいろ考えることができました。
[PR]
by kitsukebijin | 2007-09-30 20:04 | きものコーディネート